浴室のリフォーム事業は、大学2年生の時

特に、3日間で行うバスルームのリフォームは、家中の材料を使って30万円という低コストでリフォームしたこともあり、好評でした。

30万円という低コストで、タイルの張り替えと換気扇の設置で浴室をリフォームしました。保温にはベイパーバリアを使い、床にはプレストレーディング材を使う工程を選びました。推奨温度・湿度は40~50℃、相対湿度60%です。

私のバスルームは、元のバスルームに残っていたものを考慮しても、リフォームに30万円かかりました。

私の家のバスルームは約12m2なので、リフォームにかかる費用は30万円程度と考えていました。実際にリフォーム店に行ってプランを練ってみると、その複雑さに気づかされました。

浴室のリフォーム事業は、大学2年生の時です。1年目にフリーランスになったのは、心機一転して始めたかったからです。最初の頃は自分の株が低く、業者から良い仕事をもらうことができませんでした。最悪のスタートでしたが、2年経った今、1ヶ月で65万円稼げるようになりました。

バスルームは家の中でも重要な場所であり、最も多くの人が訪れる部屋の一つであることが多いです。他の部屋と同じように、自分に合ったバスルームにすることが大切です。私は、希望の予算内で、収納、換気、造りの質を最適化する要素を取り入れ、30万円(約300米ドル)という低コストでバスルームをリフォームしました。

タイルを貼り、器具を新しくし、電化製品を揃えてバスルームをリフォームすると、6桁の金額になることもあります。しかし、その必要はありません。私が経験したバスルームのリフォームは、30万円ちょっとで済みました。この記事では、新しいバスルームを追加する際の手順と決定事項をご紹介します。

お風呂リフォーム 30万